アートメイクをする

アートメイクは医療行為です

アートメイクは自体の歴史は古く、日本でも30年以上前から行われています。当初は医師ではない人が施術を行っていたようですが、現在では医師が行う以外は違法になります。アートメイクをしようと考えている人は美容外科や美容皮膚科で行うようにします。 昔と違い、現在のアートメイクは、皮膚の浅いところに色素を入れ、1年から3年で色素が消えるようになっています。アートメイクは眉とアイラインが中心ですが、眉やアイラインには流行があり、昔のアートメイクで太い眉にしたまま落ちないという人もいます。アートメイク自体の失敗も修正できますが、古臭くなった眉やアイラインを修正することもできます。アートメイクは便利ですが、メイクの流行が変わるということとの兼ね合いで、本人がどうしたいかという明確な意識が必要です。

メイクなしの顔に自信が持てるようになります

女性でも、お化粧は面倒くさい、メイクが上手にできない、時間がない、アウトドアスポーツが趣味であるという人には、眉とアイラインがきれいになっていればノーメイクでも大丈夫という点が人気です。またメイクは上手だが、メイクを落とした後でもきれいでいたいという人も施術を受けることがあります。不自然にならないように、希望をつげ、色やアイラインの長さなどを相談します。 一回で眉やアイラインを描くことはできますが、その後もリタッチで整えてもらうと、色が落ちて薄くなってしまうということは避けられます。 最近では唇にアートメイクを施すことができます。唇の輪郭の曖昧な人や色が薄くて悩んでいる人などが施術を受けています。 アートメイクの歴史は意外に古く、プチ整形が受け入れられるようになり、さらに抵抗なく施術を受ける人が増えたものと思われます。